いじめGメン育成プロジェクト

いじめGメン育成プロジェクト

いじめ問題に携る専門知識と技術を有した「いじめGメン」と要請するプロジェクトです。当団体代表理事で1万件以上のいじめ相談対応をしてきた「いじめ探偵」こと阿部泰尚を主任講師として、弁護士さん監修のテキストを使って、専門知識やケーススタディ、具体的な事案の解説などを通じ、3種類のタイプの「いじめGメン」を養成することを目的としています。

目的

SNSの発展や親世代との学校の変化などによって大人がいじめの内容についていけなかったり、いじめ対応の初動のミスの他、学校での隠蔽や教育委員会の隠ぺい問題など、いじめを取り巻く環境は社会問題になっています。様々な団体や自治体が、いま必要な支援を調査していますが、最も求められているのは、いじめ問題に学校以外の存在として介入ができる「第三機関」の存在です。また、予防活動による環境整備も多く求められています。

そのため、NPO法人ユース・ガーディアンでは、「いじめGメン」として、いじめの被害者や学校をサポートする者の育成や組織として対応していく方法等を体系化し、1万件以上の相談事例や対応事例などから相談対応の手法やそれに必要な知識、蓄積されたノウハウを提供し、広く、多くの方がいじめ問題に正確に対応できるように「いじめGメン」育成プロジェクトを実施することにしました。

基礎講習(初回無料)

いじめ防止対策推進法や学校教育の仕組み、いじめの構造や対応策などの基礎を学び、いじめの基礎知識を身につけることにより、初動相談の方法や向き合い方、学校への働きかけ方などを身につけます。

アドバイザー

いじめ問題への相談対応ができる人材を育成することを目的としたコースです。調査技術などを身につけることによって、いじめ問題への直接介入の方法を理解するところまでを目標としています。

ファシリテーター

いじめの構造やいじめの現場で起きている実態などを学び、予防の方法について広く普及させることを目的として地域での研修会や講演会を開催できる人材を育成するためのコースです。

受講イメージ

受講イメージは「基礎講習」のプログラムを受けて頂いてから、アドバイザー、ファシリテーターの2つのコースに分かれて受講していただきます。もちろん、2つのコースを同時に受けることも可能です。

初回の基礎講習は無料となりますが、2回目以降からはサーバー代やテキスト費用など様々な費用が掛かっておりますので、有料講座となります。

初回基礎講座のお申込みはこちら

ひとりで悩まず、いますぐ相談してください。

受付時間:平日AM11:00〜PM7:00 完全無料 秘密厳守

関連記事一覧